地域包括支援センター

「予防介護支援 ふじ寿か園」

健康な方から障害・寝たきりの高齢者の方まで、地域ケアプラザ・福祉施設・医療機関などと連携し、生活の支援・お手伝いをしています。
高齢者ご本人や家族介護者でお困りのことがある方、どんなことでも結構です。来所いただくか、お電話でご相談ください。

営業時間、連絡先はサービスのご案内topへ

地域包括支援センターの役割

地域住民が安心してその人らしい生活を続けていくために、支援センターが中核となって、地域を支えていく役割を持っています。具体的には、4つの業務に分かれています。
1.介護予防ケアマネジメント
介護が必要な状態になることを予防するために、地域において介護予防サービスの利用計画を作成し、実施後の評価や必要に応じて計画の見直しを行います。
これは介護保険の申請にて、要支援1・2と判定された方や、申請していないが介護や支援が必要になるおそれのある方を対象にしています。
2.総合相談支援
高齢者のみなさんや地域住民の方から様々な相談を受け、必要に応じてどのような支援が必要か把握し適切なサービスや機関につないでいきます。
3.権利擁護
虐待や訪問販売などの消費被害の防止、成年後見制度の活用など、権利を擁護するために動きます。
4.包括的・継続的ケアマネジメント
介護に携わる方々を対象に、地域の充実したケア体制を作るために、様々な機関との連携や調整などを行います。

これら4つの業務は単独で動いていくものではなく、連携し合って活動しています。